忍者ブログ
つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、、要するにメモ。

2017

1024
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007

0910
昨日は母様と
東京都現代美術館に男鹿和雄展を見に行ってきました。


0af99d2e.JPG




前日の土曜日が飲み会で
家に帰宅したのが午前1時近かったんだけど
混んでるって情報を手にしていたので
頑張って早起きして、朝8時過ぎには家を出ました。


うん、頑張った。





東京都現代美術館に着いたのが10時半すぎくらいかな?
その時点で、
チケット購入が20分待ち
そのあと、入場するのに60分待ちの混み具合。


美術館内の混雑を軽減するために入場制限していたんだけど
朝10時オープンでだったから
まだ美術館のなかは飽和状態じゃなかったのもあって
あたしたちが並んでいた時間帯は比較的スムーズに入れて
待ち時間表示は60分だったけど
30分ちょっとくらいで入ることができました。
(チケットは事前に買っておいたのさ♪)






入場制限しているものの、かなりの混み具合。
男鹿和雄さんの、ジブリ映画以外の作品もあったんだけど
やっぱり一番混んでたのはジブリ作品のところだったね。




特に混んでたのは「となりのトトロ」「もののけ姫」かなぁ?
「ハウルの動く城」とか「ゲド戦記」とかも混んでたかな。


でも全体的にすごく混んでたので(ジブリのところは特に)
自分的に見たい度の高いところをじっくり見て
あとはサクっと見るだけにしました。
混んでなくても美術館って時間かかるのに
混んでるから全部じっくり見てたらすっごい時間かかるのよ。








あと、おもしろかったのは
実際に完成したアニメーションと
そのときに使われた背景がセットで展示されてるところ。


画面が横にすすんでいく場面はパノラマみたいな背景で
縦にすすんでいく場面は縦に長い背景で
斜めにすすんでいく場面は斜めの背景っていう風に
その画面ごとに背景のかたちが違って
(背景の紙のかたちが違うっていうのかな?)
それが完成したのと比べるとすごくわかりやすかった。




たった数秒のためにこんな細かいところまで
ちゃんとこだわって背景を書いてるんだなぁって知ったら
映画を作るのは気の遠くなるような作業だなぁって思った。






美術館に行くと毎回思うけど
ああいう風に絵が描けるってホント素敵なことだよね。


男鹿さんの目で世界を見てみたいなぁってちょっと思った。






ちなみに、帰り(12時半くらいかな?)に待ち時間を見たら
入場までに90分待ちで進みも遅かったみたい。
全部で120分待ちって書かれてました。


行かれるかたは早起き頑張ってください。(笑)
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
たみぃ
性別:
女性
職業:
社会人5年生
ビックリだね!
最新コメント
[05/14 たえ]
[01/26 兄]
[09/07 スーパーコピー グッチ]
[01/12 管理たみ]
[01/06 タミー]
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP